耐えられない!静かすぎる職場の雰囲気や空気を変える対処法!

仕事

職場が静かすぎて何をするにしても緊張する

といったことはありませんか?

聞こえてくるのは、パソコンのキーボード音や書類を触る音、最も静かな時は時計のハリの音すら聞こえてきそうな時も会社によってはありますよね。

 そんな時に、電話が掛かってきたり、自分が電話対応をしている時は、皆が自分の電話対応の音を聞いているのでまるで注目されている様な状況になって、まるでここは病院なのかなと思わせる様な職場は何をするにしても、すごく緊張しますよね。

 「何するにしても緊張する様な静かな職場は嫌だ!」

 「にぎやかな職場で仕事がしたい!」

という人に、まず何故自分が静かな職場を嫌と感じるのか?静かな職場が耐えられないならどうしたらいいのかを紹介します!

1.何で静かすぎる職場はしんどいの?

 中には

「静かな職場の方が集中しやすいからいいじゃん」

という人もいますよね。

 ですが、学生上がりの新入社員や、にぎやかな職場から転職して静かな職場に移った方にはしんどく感じる人もいますよね。

 どういった理由でしんどく感じるのかを紹介していきます。

(1)静かな職場がしんどく感じる理由

活気がなく気分が沈む

 若い人によくありますが、勢いのある職場や活気がないとどうも無気力に働いていると感じてしまいしんどい人も多いようです。

会話をするだけで注目される

 隣の人とちょっとしたコミュニケーションや会話をするだけで、周囲の注目を集めてしまいます。

 わざわざ話す内容でもないけど、雑談交じりに話したいというや、別に交流とまではいいけど、情報交換ぐらいはしたいという人にこの環境はつらすぎますよね。

お腹が鳴る音が職場に響く

 皆が仕事に集中している中で、急に「グ~」っというお腹のなる音が職場に鳴り響くとものすごく恥ずかしい気分になりますよね。

 それで少しいじられるならマシですが、お腹がなった後も沈黙で何も無かったように仕事を続けられるとより恥ずかしさの限界に達しますよね。

電話対応が皆に筒抜け

 自分がどの様な電話対応をしているか皆に丸聞こえという状態になります。

 業務的な話だけで自分もミスや恥ずかしい対応をしていないのならマシですが、相手方が世間話や少しユーモアのある様な話をしている時に相手に合わして笑ったりすることが静かな職場だとしにくいので電話対応ですらもやりにくいところがあります。

お茶を飲む、咳払いも全て響く

 一つ一つの行動全てが皆に見られている聞こえているという環境ではやりずらいでしょう。

 何ならトイレが近い職場であればトイレの音まで聞こえてくる所もあり、もはやプライバシーの侵害にすら感じるところもあります。

(2)自分はどういう職場を求めているのか?

 心が折れやすい職場というのは、管理され過ぎていたり、統制が取れすぎたりしていると自分がイキイキと仕事をすることが出来ず、苦しく感じてしまうものです。

 逆に話し過ぎて仕事にならなかったり、上下関係も無茶苦茶という様な職場ではかえって締まりが無い様に感じますが、普段はワイワイガヤガヤしているが仕事はきっちりするというのが一番の理想形でしょう。

2.なぜ職場が静かになりやすいのか?

(1)個人で進める業務が多い

 各個人に担当の業務があり、業務上の接点が無い以上特別職場の中でも業務上以外の繋がりを持たなければ話をすることもありません。

 特にプログラマーやPC関係のもくもくと作業をこなす職種であれば、尚静かさが増します。

 会社によってはイヤホンをして音楽を聞きながら作業を進める会社もあるのでまず音を立てることがキーボード音くらいしか無くなってくるでしょう。

(2)職場の人間関係に一線引いている

 プライベートはプライベート、職場は職場という風に一線引いている人は何処にでもいます。

 そこまで深い繋がりを求めていなかったり、そもそも話すのがめんどくさいという感情を持っている人にこういう対応をしている人は多いです。

(3)職場の人の入れ替わりが激しい

 職場に新しい人が入ってきてもすぐにやめてしまうという様な会社では、会う人会う人が初対面に近く、もちろん会社の中でも会話が発生しにくいですよね。

 この職場もブラック企業気質が無いか改めて見てみましょう。

(4)管理され過ぎている

 管理が過ぎている会社であれば、私語が厳禁であったり、会話の内容までチェックされていたりと縛られている会社であれば、もちろん会社する気すら失せますよね。

2.静かすぎる職場を辞めたい時の対処法

(1)オフィスの改善をしてみよう

BGMをかけれないか相談してみましょう

 一番手っ取り早く始めれるのはBGMをかけることです。

 職場の中に会話を生むことは意外と簡単に出来ることではありません。

 そんな時に友好なのがBGMです。

 職場の管理職の人や上司にBGMをかけれないか相談してみましょう。

 集中力が増す様なBGMなどをチョイスすれば了承してもらえる可能性も上がり、自分の響かせたくない音もかき消すことが出来ます。

 少しの音で音楽が流れている方が集中力が上がるという方も多くいるので、いろんな人の意見も含めて相談してみるとより効果的です。

休憩時間にコミュニケーションタイムを作る

 最近では雰囲気づくりを重きにおいて、交流の場を取り入れたりする会社もあったりします。

 会社の中でコミュニケーションタイムを設けてみても良いかも知れません。

 ここで大切な事は時間を設けることは簡単でも

「それでは話してください」

という風に急に振っても話が始まるわけではないですよね。

逆に盛り上がらずに毎回「あの時間が沈黙で辛い」という風になってしまっては逆効果ですよね。

 こういう時には自己開示が一番効果的です。

 自分のプライベートではまっていることの紹介や最近の悩みなどを相談してみると意外と乗っかってくれて親身に話を聞いてくれたり、自分の体験談からいろんな話をしてくれることだってあります。

 ここで一番大切な事は「何でも話していい場なんだ」と思わせることです。

 最初に集まった時などは何を話したらいいのかよく分からず、皆瞑想しがちです。

 そこで自己開示をして

「そういう話でもいいんだ」

という風に思わせることが出来ればどんどん話も繋がっていきます。

 なのであなたがずっと自己開示をし続ける必要はもちろんありません。

ですが、会話がしにくい、始めにくいと思うのであれば、自己開示から始めることが一番効果的です。

(2)自分で改善が難しい時には

 自分にどうしても合わないというのであれば転職を考えてみた方が良いかも知れません。

ですが、簡単に転職を選択することもかなりのリスクがあります。

 会社の中で嫌な事や受け入れにくいこともあるかも知れませんが、逆にやりがいに感じていることは何なのかを考えてみましょう。

 職場がいくら静かでやり難くても、自分の入社した時の想いや気持ちと比較すると多色苦しい思いをしても、今の会社を継続してみようという判断になることもあります。

 改めて自分は今の会社の何処に魅力を感じているのか考えてみましょう。

3.どうしても静かすぎる職場が合わない場合は?

(1)一度キャリアのある先輩たちに相談してみよう!

 今の会社に未練はないというのであれば、違った環境に移ることも考えてみましょう。

 転職は難しいイメージもありますが、このおとなの新路相談室に相談してみましょう。

 自分の今のしている仕事に対して、人生の先輩たちが1から相談に乗ってくれるので、転職するしようか悩んでいる段階でも相談してみれば的確なアドバイスをくれます。

 料金も非常に安価でこの値段でこのカウンセリングなら申し分ありません。

 ぜひ一度相談してみて下さいね✋

コメント

  1. Keep this going please, great job!

  2. twicsy reviews より:

    It’s an amazing piece of writing designed for all the online viewers; they will
    take benefit from it I am sure.

  3. Bel article, je l’ai partagé avec mes amis.

  4. Hi every one, here every one is sharing such
    familiarity, therefore it’s good to read this blog, and
    I used to go to see this blog every day.

タイトルとURLをコピーしました