「何かムカつく!」会社でバカにされるのが嫌ならこれ‼ 

メンタル

 どこの会社でもある風潮ですが、新入社員の事を社員は何も知らないと知っているはずですが、どこか新入社員が何かするたびに

「そんなことも知らないの」

という対応をしてきますよね。

 悪いことも特にしていないのに、知らないことも当たり前なのに何でこんな風に言ってくるのか?

なぜこんな風に言ってくるのか聞いているだけでムカついてきますよね。

 今回はなぜこんな風に若手社員や新入社員をバカにしてくるのか?

と努力することで防げるバカにされない様にする為の対処などを紹介したいと思います。


 

1.なぜ会社では新入りや若手社員をバカにするのか?

(1)新入りをからかう事は文化の様に思っている

 特にバカにしている気にもなっていないですが、

毎年新入社員の珍プレーを見て楽しむという恒例行事化しているところが一番大きいです。

 全員が全員

  • 見下げたい
  • バカにしたい

という様な気持ちで新入りや新入社員をバカにしているわけではありません。

 感情を使わずに定例行事の様に思っている人がほとんどです。

 大半の人が自分の入ってきた時にバカにされたから受け入れる側になって馬鹿にするのを楽しむという、新入りからしたら嫌な事が毎年のサイクルの様になって文化になっているケースが多いでしょう。

 嫌だと思った事を変えようという人がいない末路です。

 

(2)人を見下げて優越感に浸りたい

 直接バカにしている人にありがちですが、

自分の立場が相手よりも上という事を知らしめたいという人に多い傾向です。

 こういうバカにする人に限って意外とスキルが大したことなかったりするので、自分が抜かされる事を案じて見下げてる事もあります。

 会社で業績などを上げた時などに足を引っ張ってくる可能性もあるのでこのタイプの人には要注意です。

 

(3)バカにしていることに自覚が無い

 バカにしている自覚が無い人でも、ただ単なる無自覚でしている人と、スキンシップの為にしている人もいます。

 スキンシップの為にしている人は新入社員は歳の差が離れれば離れるほど会話が難しいものです。

 ですが、少しでも会話の場面を作るために小馬鹿にしているケースもあります。

 コミュニケーションの取り方は下手くそですが、

善意で行っているパターンで、結構馬鹿にした後でも

「バカにされない様にはこうしたらいいよ」

など結構アドバイスもくれる良い先輩のケースもあるのでこういう人との関係性は大切にしましょう。

 

(4)ストレス発散に馬鹿にしている

 バカにすることを楽しんでストレス発散にしています。

 新入社員が失敗するのを飲み会のネタや愚痴の話題などの元程度にしか考えていないのでかなり嫌な人のケースです。

 こういう人は肌感覚で馬鹿にする時の優しさやアフターケアなどが全くないのでこういう人の前では失敗しない様に注意しましょう。

 

2.会社でバカにされない様にする対処法‼

(1)社会人としてのマナー程度は押さえておく

 彼らのバカにするような内容は

  • 会社独自のルールや空気が読めなかった時
  • 上下関係を分かっていない様な行動をした時
  • 根本的なマナーなど

 バカにするような人たちが特に気にするのは、会社などでの暗黙のルールを破ったや会社独特の空気が読めなかった時に、バカにしたりののしってきます。

 なので、話しやすい上司や先輩に事前に会社の中での暗黙のルールや独特の読むべき空気などを教えてもらっておけば外れたような行動はしないでしょう。

 その他の内容は、どういう事に気を付ければいいか知っておけば問題ないのでマナーについては知っておきましょう。

 

(2)関係を持たない様にする

 上にある様なマナーさえ押さえておけば、あとは極力接点を持たないのが一番です。

 こういう人の周りにいても足の引っ張り合いをしているだけで自分の為にもなりません。

 業務なども必要最低限の接点で極力距離を取っておいた方がいいでしょう。

 

(3)会社でバカにしてくる上司のお気に入りになる

 これはあまりお勧めはしませんが、お気に入りになっておけばののしられるような事は無くなっていくでしょう。

 こういう上司は、会社の中で敬われる存在になる為や、相手を馬鹿にすることで人を見下げて優越感に浸りたいだけなので、

 上手におだてていれば自分の事を敬ってくれていると思うので陰険な嫌がらせをされることは無くなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました